FC2ブログ

カリフォルニアロールに巻かれて

2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月
TOPArt ≫ New York9日目⑥~ブルックリン美術館Part4~

New York9日目⑥~ブルックリン美術館Part4~

New York9日目⑤~ブルックリン美術館Part3~のつづき。。。

本当に人がいないなぁ。。。
観光客はあまり夜には行きにくいかもしれませんが、ブルックリン地元民はもっと来ればいいのに・・・と思ってしまうくらい。。。

IMGP6514.jpg

でも、人が少ないお陰で自分の好きな名画とゆっくり時間が過ごせます。

IMGP6515.jpg

鉛筆でスケッチも勿論できますが、ただ見つめているだけでもいい時間となりそうですね。

IMGP6519.jpg

エジプト美術も充実。

IMGP6537_20141027160006243.jpg

↓頭には小さなヘビがありました。

  IMGP6526.jpg

なんかいい。

IMGP6543.jpg

IMGP6541_2014102716000850b.jpg

IMGP6532.jpg

ただ金ピカで眩しいという以外にもオーラが。

IMGP6556.jpg

夜の美術館。
ちょっと↓こちらはゾクッとしました。。。
いや、結構ビビっておりました。。。

IMGP6560.jpg

でも、↓可愛らしかったから、、、まぁ、いっか。

IMGP6563_2014102717185914c.jpg

まぁ、いっか。

IMGP6534.jpg

まぁ、いいね。

IMGP6533.jpg

エジプト美術を見終えて移動すると、暗かった館内が少し明るくなっておりました。

IMGP6567.jpg

IMGP6568.jpg

ロビーの警備員と談笑するスケボー青年達や、椅子に座って話に花を咲かせている人達も見かけました。

IMGP6577.jpg

建物も立派。

IMGP6570.jpg

木曜夜のブルックリン美術館、とてもおススメです。
いや~、よかった。

IMGP6583_2014102717402018e.jpg

ただ・・・夜の街歩きには十分にお気を付けを~。

IMGP6582.jpg

時刻は20時。
今日は22時までオープンしているとはいえ、私達も帰り道が長いので退散することに。

IMGP6590.jpg

お月様がまぁるい。

IMGP6587.jpg

IMGP6592.jpg

地下鉄に乗り、街中を歩かないような路線で乗り換え。
この辺りは黒人さんが多かったです。

IMGP6594.jpg

皆に聞こえるようにラジカセでイイ音を流しながら電車を待つ人はロサンゼルスでもニューヨークでも珍しくない光景。
そのまま電車に乗る人もいます。
時々、「うるさいぞ」とケンカにならないかと心配になることもありますが、今まで見かけた事はありません。
イイ音流している黒人さんがいるなぁ、と思いながらじっと電車を待つ。
体が冷えて寒くなったので体を少し揺らしていたら・・・夫に「音楽にノッテいるように見えるよ」と言われました(笑)
夜のニューヨーク。
酔っているのか何か騒いでいる人もいたので、おとなしくじっと待つことにしました。

IMGP6595.jpg

間違えて1駅早く下りてしまったので、小さな駅舎のベンチに座って次の電車を待つことに。
頭の上からは暖かい風が。 ニューヨークの冬は厳しいのだろうなぁ。

IMGP6597 (1)

しばらく電車を待ちましたが、無事、こまめに乗り換え中。

IMGP6600.jpg

Broadway Junctionはジャンクションというだけあって、いくつか路線が通っておりました。

IMGP6602_201410271817236e6.jpg

私達が乗る路線は地下ではなく、地上にホームが。

IMGP6608.jpg

線路を覗いてみたら、下の道路が丸見えでした。。。
ゴミが頭の上に降ってきたら、危ない~。

IMGP6604.jpg

キング牧師の壁画も見えました。
マーティン・ルーサー・キング・ジュニア。
この人が残したモノの大きさは、アメリカに来て、暮らして、とてもよく分かりました。

IMGP6607.jpg

美術館を20時に出て、地下鉄を乗り継ぎ22時近くに無事帰ってまいりました。
まだ、チャイニーズのお店が開いていたのでそちらでto go。

IMGP6609_20141027183301077.jpg

遅い時間ですが、美味しくいただきましたm(。。)m

今日もよく歩いたなぁ。。。いいねぇ。


9日目終了。


New York10日目①~アメリカ自然史博物館Part1~につづく・・・。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL