FC2ブログ

カリフォルニアロールに巻かれて

2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ Nature
CATEGORY ≫ Nature
       次ページ ≫

旅のまとめ~Arizona~

2014年11月3日(月)~11月6日(木)

IMGP7975.jpg
IMGP8137.jpg

旅1日目~アリゾナ州Phoenixでライト建築と出会う~
旅2日目①~アリゾナ州Sedonaで岩山トレイル~
旅2日目②~アリゾナ州Sedonaの教会とキャニオントレイル~
旅2日目③~アリゾナ州Sedonaで夕日に染まる~
旅3日目①~アリゾナ州Sedonaで太陽を浴びる~
旅3日目②~アリゾナ州Phoenix美術館Part1~
旅3日目③~アリゾナ州Phoenix美術館Part2~
旅3日目④~アリゾナ州Phoenix美術館Part3~
旅4日目①~アリゾナ州からカリフォルニア州へ~
旅4日目②~カリフォルニア州で愛の山と出会い、そして帰る。~

スポンサーサイト



旅4日目①~アリゾナ州からカリフォルニア州へ~

旅3日目④~アリゾナ州Phoenix美術館Part3~のつづき。。。

11月6日(木)、今日も快晴です。

IMGP8722.jpg

ホテルの無料朝食をいただきに。

IMGP8727_20141112025711a9a.jpg

ご馳走さまでしたm(。。)m

IMGP8726_201411120257099e5.jpg

フリーウェイに乗り、ロサンゼルス方面へ車を走らせます。

IMGP8736.jpg

IMGP8737_20141112030302501.jpg

アメリカでは巨大なトラックに何度も出会いました。

IMGP8761.jpg

IMGP8742_201411120308073dd.jpg

IMGP8751_20141112030810e34.jpg

IMGP8741.jpg

IMGP8777.jpg

3時間半近く走り、アリゾナ州とカリフォルニア州の州境近くで給油をし、お昼を。

IMGP8797_201411120343044f9.jpg

スライスピザ1枚とフライドチキン6ピースで5ドルでしたが、店員のお兄ちゃんがチキンを1ピースずつおまけしてくれました。

IMGP8800.jpg

フリーウェイや地方道を走っていて立ち寄ったフードマーケットもそれぞれ特色があっておもしろかったです。
今回のアメリカドライブでの最後に立ち寄ったフードマーケットとなりました。

IMGP8812.jpg

美味しかったコーヒー、美味しくなかったコーヒー、、、、。
最初は買い方も分からなかったのに今ではすっかり慣れました。

IMGP8811.jpg

再出発し、13時半、カリフォルニア州に入りました。
アリゾナ州よ、またいつか!
時計の針を戻さねば。

IMGP8820_20141112035250c34.jpg

あっさり通過。

IMGP8821.jpg

このまま真っ直ぐ10号線で帰ることは出来ますが、見たいものがあるので78号線へと乗り換えます。

IMGP8829.jpg

急に田舎道。
カントリーロ~ド♪この道~♪ずっと~♪ゆけば~♪

IMGP8827.jpg

IMGP8851.jpg

藁が山積み。

IMGP8856.jpg

所々、緑~!

IMGP8834.jpg

他にコットンの木が植わっていて白いふわふわ~としたところを通ったり。

IMGP8876.jpg

走る車はほとんどなく、時々畑をトラクターが砂煙を巻き上げながら走っているくらい。
更に走り続けると景色が変わり、見えるのは乾ききった大地と過酷な環境でも生える植物ぐらい。
でも、土がキラキラ輝いているように見えるから何だろうな~と思ってよく見たら、ペットボトルやガラスの破片などのゴミでした。。。

IMGP8883_201411120421408d4.jpg

どこからか掘った土などを持ってきている場所なのかな。。。

IMGP8893_20141112042141880.jpg

途中、有刺鉄線で囲まれた場所もありました。
土の形が不思議。トラクターの跡?おもしろいけど、なんだろう。

IMGP8897_20141112042944ba5.jpg

IMGP8902_20141112043210002.jpg

正面に見えるのはなんだ??

IMGP8916_2014111204344354b.jpg

おいおいおいおい、砂漠だーーー!!!
アメリカでよく目にしてきた砂漠というより、sand duneの方の砂漠だーーー!!!

IMGP8931.jpg

10号から78号線に乗り換えて1時間ほど走ったところに突如現れました。
道路沿いは駐車禁止の標識がありましたが、少し走ると小高い場所に停車できるようになっていたのでそちらに行ってみることに。
気をつけないと、砂にタイヤがはまりますよ~。私達も一瞬ヒヤリとしました。

IMGP8952.jpg

IMGP8959.jpg

IMGP8955.jpg

登山靴に履き替えて少し歩いてみることに。

IMGP8963.jpg

IMGP8969_201411120548202cc.jpg

デスバレー国立公園で見た砂丘より、規模が大きい。
こちらはNorth Algodones Dunes Wilderness Areaという場所のようでした。
カリフォルニアの砂漠化が進行しているという話を耳にしたことがありますが、これがどんどん拡がっていくのかなと思うと。。。気候変動は本当に深刻な問題です。

DSC07211.jpg

IMGP8966.jpg

ブーン、ブーンとナニカの音が聞こえてきました。
おっ!車だ!

IMGP8978_201411120541504a2.jpg

IMGP8980 (1)

IMGP8983.jpg

IMGP8996.jpg

私達の目的地はまだまだ先なので、進むことに。

IMGP9000.jpg

IMGP9007.jpg


旅4日目②~カリフォルニア州で愛の山と出会い、そして帰る。~につづく・・・。

旅3日目①~アリゾナ州Sedonaで太陽を浴びる~

旅2日目③~アリゾナ州Sedonaで夕日に染まる~のつづき。。。

11月5日(水)、7時過ぎ起床。むしろ8時近い。。早起き出来なかった(;^ω^)
あっ、でもロサンゼルスだったら7時ですが(*‘∀‘)・・・朝から言い訳。。。

アボカドも挟めたサンドウィッチと紅茶とコーヒーで朝食を。

IMGP8343.jpg

IMGP8344.jpg

こ~んな景色を眺めながら。 贅沢な時間。
ありがたいねぇ。

IMGP8352_20141111064202f5b.jpg

出発準備をし外に出ると、ナニカが通過。

IMGP8363.jpg

Oh!セグウェイ?(^^)

IMGP8364.jpg

綺麗なホテルでした。ありがとう!

IMGP8367.jpg

IMGP8369.jpg

そして出発。向かう先はセドナエアポート方面。

IMGP8375.jpg

途中、長めのSTOPを味わい、

IMGP8376_20141111065337a9b.jpg

Airport Mesa(エアポート・メサ)に到着しました。

IMGP8381.jpg

少し周りを歩いてみることに。

IMGP8384.jpg

眺めが最高だっ!

IMGP8385.jpg

瞑想をしている人も多いです。

IMGP8386.jpg

IMGP8388 (1)

私達も向こう側に行くことに。

IMGP8392.jpg

登ってみると、感動的な景色に出会うことができました。

IMGP8412_2014111107324323a.jpg

IMGP8417.jpg

ぐるりと一望できます。

IMGP8418.jpg

IMGP8429.jpg

こちらも強いボルテックスポイントだそうです。

IMGP8434.jpg

渦の中だ~。妖気(?) 

IMGP8408.jpg

少し座って景色を堪能しました。

IMGP8426_20141111073625a1e.jpg

そして下りる。

IMGP8433.jpg

次の目的地へ向かう前に、石を買いに宿泊したホテルの方へ戻ることに。
昨夜は遅くてもうお店が閉まっていました。

IMGP8435.jpg

IMGP8439.jpg

パブリックアートも沢山ありました。

IMGP8441_20141111074958610.jpg

セドナの石は勝手に持ち帰ってはいけないようなので、リーズナブルな石屋さんで夫も私も小さな石の原石を一つずつ買いました。
私達は「スピリチュアル」などはあまり分かりませんが、気に入った小さな石があったので記念に大事に持つことに。

セドナにはイロイロな人達も集まっているようです。
有名な秘密結社のマークまで。。。

IMGP8445.jpg

最後にBell Rock(ベルロック)へ。
呼び鈴のカタチに似ていることから名づけられたそうです。

IMGP8453.jpg

IMGP8474.jpg

岩を登ることが好きな夫は途中までよじ登っていました。

IMGP8467 (1)

私はさらに下、途中まで。

IMGP8464.jpg

サボテンのトゲとともに夫が下りてきました。
6本くらい(~_~;) とても楽しかったそうです。

IMGP8473 (1)

セドナともお別れです。
来ることが出来て良かったです。またいつか。

IMGP8481_201411110820587e1.jpg

IMGP8488.jpg

途中、お昼にハンバーガーを食べ、再び1日目に訪れたPhoenix(フェニックス)へと向かいます。
パサデナから直接セドナに向かう人もいるかと思いますが、私達は車も休めさせながら。
運転する夫も休みが必要ですしね。

IMGP8494.jpg


旅3日目②~アリゾナ州Phoenix美術館Part1~につづく・・・。

旅2日目③~アリゾナ州Sedonaで夕日に染まる~

旅2日目②~アリゾナ州Sedonaの教会とキャニオントレイル~のつづき。。。

時刻は16時半。
少しずつ日が落ちてきました。

IMGP8272.jpg

到着したのはRed Rock Crossing(レッドロック・クロッシング)。

IMGP8275.jpg

流れる川に手を入れてみたらとても冷たかったです。

IMGP8287 (1)

IMGP8292_20141111055808400.jpg

IMGP8296_20141111055810935.jpg

離れた方が綺麗に見えました。

IMGP8300.jpg

IMGP8302.jpg

セドナは景観を維持するために、中心部へ近くなるほど街灯が減り、暗くなってしまいます。
明るいうちに今夜の宿泊地ホテルへと向かうことに。

IMGP8310.jpg

赤い岩が、夕焼け色に染まる。

IMGP8311.jpg

言葉もでない美しさ。

IMGP8312.jpg

IMGP8316.jpg

IMGP8323.jpg

月も綺麗。きっと真夜中には星も綺麗に見えることでしょう。

IMGP8321_201411110605013fa.jpg

17時半。無事にホテルへと到着しました。
昨日と違って(笑)、凄く綺麗でビックリ!

夕飯を食べに街を散歩してみることに。
お土産屋さんも通りに並んでおり賑わっておりました。

昨日からのロングドライブとトレイルを頑張った夫にビールを。
夫が選んだビールは一番安い、地元の昔のビールらしい。。。。楽しみに飲んだ夫が凍りついた。。。
おおお、なんとも言えない味。。。湿布のニオイの味。しかも甘い。。。ドンマイな思い出がまた出来たね(><)

IMGP8332_201411110617239bd.jpg

お得なセットを頼み、美味しくいただきました。

IMGP8333.jpg

IMGP8338.jpg

IMGP8340.jpg

ご馳走さまでしたm(。。)m

ヘトヘトに疲れましたが、とても清々しい、心地よい疲れ。
でも、明日は筋肉痛かな。。。

月明かりで沢山の星は見えませんでしたが、街全体も暗く、大地と宇宙と自分というものを見つめる良い機会となりました。


旅2日目終了。

旅3日目①~アリゾナ州Sedonaで太陽を浴びる~つづく・・・。

旅2日目②~アリゾナ州Sedonaの教会とキャニオントレイル~

旅2日目①~アリゾナ州Sedonaで岩山トレイル~のつづき。。。

二人とも朝食が少なかったのでトレイルをしてお腹が空いてしまい、早めのお昼に。
クーラーボックスに入れて持参していたパンとサラミ、チーズを挟んで即席サンドウィッチ。

IMGP8178.jpg

次に向かった先は、↓こちらの建物。

IMGP8200_20141111040700128.jpg

レッドロックに囲まれた小高い場所に建つ、The Chapel of the Holy Cross(ホーリークロス教会)。
1955年に建てられたカトリック教会だそうです。

IMGP8198.jpg

駐車場は結構混雑しておりました。

IMGP8180.jpg

神々しく、

IMGP8186.jpg

そして神秘的な雰囲気。

IMGP8187.jpg

なんといっても景色がいい!

IMGP8188.jpg

IMGP8185.jpg

岩肌を見ていてもおもしろい。

IMGP8181.jpg

IMGP8182.jpg

長居はしませんでしたが、静かに過ごせたいい時間となりました。

IMGP8189.jpg

そして次へ。Go。

IMGP8203_201411110435034df.jpg

今度は山ではなくキャニオン(谷)のトレイルです。

IMGP8205_20141111043505073.jpg

Beer(ビール、ビアー)じゃないですよ、ベアー、熊さんです。

IMGP8207.jpg

出会ったぁ。Hello~。

IMGP8219.jpg

出会ったぁ。

IMGP8221_20141111044959a3b.jpg

↓こんな不思議な木にも沢山出会いました。

IMGP8228.jpg

  IMGP8227.jpg

これもおもしろいねぇ。
 
  IMGP8231.jpg

二人とも森の中へ吸い込まれるように歩いていきました。

IMGP8230.jpg

IMGP8238.jpg

紅葉も見ることが出来ました。

IMGP8250.jpg

IMGP8244_2014111105162990e.jpg

この森の中から見えた岩の色が朱色に近いオレンジというか、、、、
実に美しく、そして力を感じる色味でした。

IMGP8245.jpg

↓こ~んなのにはよく出会いました。(^^)

IMGP8254_201411110522342b6.jpg

歩き始めて2時間経ちましたが、まだ先が見えない。。。
道、間違えたかなぁ。。。

IMGP8252_201411110520301a5.jpg

ここら辺で戻りますか。ということで引き返しました。
トレイル出入口周辺にはホテルがあり、景観に気を遣っているにしても距離が近過ぎて少し残念にも思いましたが。。。まぁ。。。

IMGP8257_20141111052539c19.jpg

様々な植物にも出会え、楽しかったです。

IMGP8264_20141111053013347.jpg

IMGP8266.jpg

そして無事に駐車場へ。

IMGP8270.jpg

本日2本目のトレイル、約3時間、たっぷり歩きました。
足がプルプルだぞ~~~~い。


まだつづくのです。
次は夕日だ~!


旅2日目③~アリゾナ州Sedonaで夕日に染まる~につづく・・・。

旅2日目①~アリゾナ州Sedonaで岩山トレイル~

旅1日目~アリゾナ州Phoenixでライト建築と出会う~のつづき。。。

11月4日(火)、朝6時前に起床。

IMGP8057.jpg

昨夜はホテルに着いてからもバタバタとトラブルが発生し、ゲゲゲと思いましたが今日はセドナに行く日なので気持ちを切り替えて朝食を!

IMGP8058.jpg

と、思ってホテルの朝食を食べに行きましたが、黒人のおじちゃんとメキシコ系のおばちゃんが言い争いをし始めたので、少しだけ食べて退散しました。。。Calm down、Calm down 。。

IMGP8055_20141111014459239.jpg

7時45分。とても気持ちの良い青空。
よし、本当に気持ちを切り替えて出発だ~い。

IMGP8063.jpg

1時間程走ると、また沢山のサボテン達に出会えました。

IMGP8069.jpg

IMGP8073.jpg

IMGP8080.jpg

地球ってすごい。

IMGP8083_20141111020321c21.jpg

なんだか不思議。
まぶたが軽くなり、視界もクリアに。
そして気持ちも、もの凄く爽やかに。

IMGP8092.jpg

Sedona(セドナ)に近づいてきました。
セドナは赤い岩山に囲まれた小さな街。
神秘的な景観に惹かれて、多くの人が訪れます。

IMGP8100.jpg

日本では「パワースポット」としても有名ですが、もともとはネイティブアメリカンの人々が『神が住む土地』と信じていた場所で、特別な儀式を除いてセドナに足を踏み入れることはなかったそうです。
1900年代に入り、西武開拓者たちがセドナにやって来てから、万人に知られる場所となりました。

IMGP8102.jpg

9時45分、最初の目的地『Cathedral Rock(カセドラルロック)』に到着。
国立公園とは違いますが、Daily Red Rock Passというものを自販機で購入しフロントガラスに置きます。
1日券だけでなく、1週間パスも購入できますよ。

IMGP8111.jpg

日本でいう入山届けのようなものに名前と人数を記入し、

IMGP8112.jpg

トレイル開始だ~!!!
目指すは↓この岩山!!カセドラルロック!!!

IMGP8109.jpg

アメリカに来て沢山履いた登山靴。
今日も役に立っています。ありがとう!

IMGP8126.jpg

足元が悪いところもありますが、少しだけ頑張って登ると・・・

  IMGP8131.jpg

キモチ イーーーーーーーー!

IMGP8133.jpg

セドナを調べていた夫が教えてくれた「Vortex(ボルテックス)」という言葉。
直訳すれば「渦」だそう。
地球は磁力を持っていて、その磁力、地球のパワーの渦巻く出入口がボルテックスとされていて、セドナの街全体がボルテックスと言われているそうです。
地球のパワーでねじ曲がったと言われている木があちらこちらで見かけられます。

IMGP8135.jpg

IMGP8136.jpg

少し座って、景色や岩肌を眺めて過ごしました。

IMGP8142_201411110324146f4.jpg

あともうひと踏ん張り。

IMGP8167.jpg

IMGP8137.jpg

IMGP8153.jpg

10時半。トレイルの終点、End of Trailに到着しました。
登りきったぞ~。

IMGP8154_20141111032534609.jpg

山の向こう側の景色も見えました!感激!

IMGP8156.jpg

IMGP8162.jpg

頂上は風も強く、寒かったのですが、神聖な場所というのがよく解りました。

  IMGP8161.jpg

今度は下りだぞ。

IMGP8169.jpg

IMGP8171.jpg

岩山をサイクリングする一行も遠くに見えました。Wow!

IMGP8174.jpg

無事に下山し、次の場所へ。。。

カセドラルロック、最高でした。


旅2日目②~アリゾナ州Sedonaの教会とキャニオントレイル~につづく・・・。

旅3日目♪~グランドキャニオンへ②~

長時間のドライブで皆疲れていることと思いますが、ホテルに荷物を置いて17時前にはグランドキャニオンへ向けて出発いたしました。

IMGP2407.jpg

IMGP2408.jpg

IMGP2410.jpg

グランドキャニオンのサインをす~っと通過してしまった。。。

IMGP2411.jpg

グランドキャニオン国立公園のゲートに到着。
夕日の時間に合わせて、17時過ぎでも結構列が出来ておりました。

IMGP2412.jpg

ゲートを通過し、すぐに野生の動物さんに出会いました。
シカかなぁ?

IMGP2416.jpg

なんだかいい筋肉。

IMGP2417_20140907013943881.jpg

マーザーポイントへ向けて少し歩きます。
夫の家族が仙台から来てくれた時にもグランドキャニオンへ来ましたが、まさかアメリカ滞在中に2回も来られるなんて!最高にHappy!!!
ドキドキ。 わくわく。

IMGP2421.jpg

そして見えたのが、こ・ち・ら↓

IMGP2426.jpg

IMGP2427.jpg

夕日を浴びて、様々な色に変化して見えます。

IMGP2430.jpg

世界中から観光客が沢山。

IMGP2433.jpg

IMGP2434.jpg

グランドキャニオンは今から7000万年前、この一帯の広い地域が地殻変動により隆起したことから始まったそうです。
そしてコロラド川による浸食が始まり、その浸食は今もなお続いています。
最古で約20億年前の原始生命誕生時の地層を浸食しているそうです。
20億年前って。。。 嗚呼。。。。

長い長い、長い間生きてきている地層を私達は目にすることが出来るのです。
雄大な景色を目の前にすると、出てくる言葉はない。
貴重な時間。 

IMGP2447.jpg

IMGP2450.jpg

18時15分。 園内を走る無料のシャトルバスに乗り、ホピポイントへ移動。

IMGP2451_20140907045835e43.jpg

18時50分。 ちょうど夕日が沈む頃でした。

IMGP2465.jpg

IMGP2473.jpg

IMGP2472.jpg

夕日に照らされ、夕焼け色に変化した地層がまた格別に美しかったです。

IMGP2474.jpg

皆の姿も夕焼け色に照らされました。
そして、お祈りまでした私達。 いろいろなことがうまくいきますように。。。

DSC06013.jpg

☆ちなみに↓こちらは↓前回訪れた8月11日19時10分頃の同じホピポイントからの写真。
今よりも日も少し長かったです。
その時の天候や時間によっても地層の見え方は様々です。
何度行っても飽きなそうですね。

IMGP0929 (1)

19時10分。 シャトルバスに乗り駐車場へ。
グランドキャニオンをあとにしました。

IMGP2488.jpg

あてもなくたまたま見つけたメキシコ料理のファミリーレストラン。
夕飯はこちらへ入ってみることに。

DSC06038.jpg

↓夫が頼んだライスの上にチキンが乗ったお料理。

DSC06029.jpg

↓こちらはお肉がチョコレート味のソースだそう。妹夫婦がメキシコに行った際に食べたそうで美味しかったみたい。
私も味見しましたが、美味しかったです。

DSC06030.jpg

アメリカの乾いた気候と疲れからか喉がガラガラで少し風邪をひいたような妹。
温かいスープを飲んで、悪化しなければいいのだけれど。。。
↓スープの中にアボカドも入っておりました。こういう使い方もあるのだなぁ~、と勉強にもなりました。

DSC06032.jpg

皆でシェアして、いただきました。
なかなか美味しかったです。

DSC06035 (1)

ホテルに戻ったのは22時20分頃。
今回の旅は今日も明日も5人一緒の部屋です。大人になってそういうのも貴重な思い出。
全員がシャワーを浴び終えるまでは時間がかかりますがね。いい思い出です。

5人会議の結果、明日の4時起きで朝日を見に行く計画は止め、のんびり起きることに決めました。
結構、私の家族はゆる~い雰囲気なので(^^) まぁ、皆の体調優先ということで。というより、いつも一番ポンコツなのは私か(^^;

長時間ドライブで疲れているはずの夫が「夜空を見に行こう!」ということで、妹は毛布を被りながら、皆でモーテル裏の真っ暗な原っぱを少しの間歩きました。

IMGP2493.jpg

驚くほどの満天の星空!!!

いや~、キラキラと輝いていました☆☆☆☆☆

明日はラスベガスへ移動です。

旅6日目!~ヨセミテからのサンフランシスコ~

朝6時前には全員起床。 少しひんやりして外の空気が気持ちいい。
ロッジを7時に出発しました。 

IMGP1540.jpg

ブライダルベール滝に行きましたが、水はほとんど枯れており雄大な滝の流れは見ることが出来ませんでした。
ヨセミテはきっと雪解けを迎えた春先があらゆる生命が生き生きとして良さそうな気がします。想像ですが(^^)

IMGP1544.jpg

続いてトンネルビュー。

IMGP1548.jpg

トンネルビューからの景色が↓こちら。
逆光ですが、幻想的な雰囲気。
まだ朝の7時半。 人も少なく私たちの家族で独り占めな気分。

IMGP1556.jpg

お次はグレイシャーポイントへ移動です。

IMGP1563_20140820070624cc9.jpg

IMGP1566.jpg

まん丸くて可愛らしい鳥さん。 鳴き声も可愛かったなぁ。
parentsに「ライチョウじゃないかなぁ」と教えてもらいました。

IMGP1564_20140820070951504.jpg

IMGP1567.jpg

鳥さん、リスさんに「Good morning♪」をした先に、見えてきたものがこ・ち・ら↓!!
夫の目の前に見えるのが「ハーフドーム」と呼ばれている巨岩石です。

IMGP1569.jpg

展望台の方へ歩きます。

IMGP1589.jpg

ハーフドームの頂上をカメラで更にズームすると人らしき姿も見えました。
ハーフドームを登頂するには、片道5時間近くのトレイルに加えて、最後の120mを2本のチェーンで登ることになるそうです。人数にも制限があり、勝手に登ることは出来ません。

IMGP1590.jpg

更に進むと、、、 手すりのある場所に。

IMGP1608.jpg

下を覗くと、、、 眼下には木々たち。
これからこの下へと向かいます。

IMGP1610.jpg

今朝通ったトンネルビュー。
9時半過ぎにはもうこんなに人が沢山でした。

IMGP1620.jpg

30分弱走り駐車場へ。 混雑しておりました。
ストアに向かい、朝食を。サンドウィッチを買うことに。私が注文係です。

DSC05804 (1)

マフィン1個とサンド4個をGet! 任務完了。
↓こちらは私が注文したモッツァレラチーズとトマト、バジルが入ったカプレーゼサンド。
ボリューミーでしたが、シンプルで美味しかったです。

DSC05807.jpg

満腹になったところで、無料のシャトルバスに乗り園内を移動。
ヨセミテ内のバスは全てハイブリッド車だそうです。
排気ガスもまた、森の木々たち、生きものたちを苦しめますものね。

IMGP1634.jpg

17番のミラーレイクで下車。 ここから歩きます。

IMGP1635.jpg

足元には「なにかのフン」がたくさん。 ボロボロ、ボコボコ。
どんだけあるの!というくらい、ずっと続いておりました。ははは。これも思い出。

IMGP1638.jpg

川も、湖も枯れておりました。 残念。
でも、人が集まっているところがある! もしや・・・???

IMGP1666.jpg

ありました!ほんの少しだけですが、水がありました。小さなお魚さんも泳いでおりました。
春先は私たちが立っているこちらは全て水の中。

IMGP1672.jpg

ミラーレイクはその美しい湖面に鏡のように山々が映るそうです。
その様子は見られませんでしたが、代わりに湖の底に育つ草や木達と出会うことが出来ました。

IMGP1697.jpg

ヨセミテ園内は自転車で走るのもとても気持ち良さそう。

IMGP1714_20140820084133ee8.jpg

IMGP1712.jpg

再びシャトルバスに乗り、駐車場へ。
名残惜しいですが、次へ。 前へ、前へ。
ヨセミテには最低でも1週間くらいは滞在して、ゆっくりと過ごしたいと思いました。
よし、また、いつか。 来よう。

13時40分。 駐車場も更に混雑。

IMGP1725.jpg

14時半。 ゲートを通過し、ヨセミテ国立公園に別れを告げ、次に向かうはサンフランシスコ!

IMGP1742.jpg

給油し、Go!Go!

IMGP1747.jpg

くねくね道。

IMGP1748.jpg

IMGP1754.jpg

サンフランシスコまで100マイルを切りました。 あと、156キロちょい。

IMGP1759.jpg

IMGP1763.jpg

18時を回りました。 反対車線は混雑してきておりますが、今のところは順調。

IMGP1765_201408200924301d3.jpg

順調かと思いましたが、オークランドベイブリッジ手前で大渋滞。

IMGP1774.jpg

ゲートを通過するのに45分くらいかかりましたが、ちょうど19時を回りゲート通過代が6ドルから4ドルへと下がり、ラッキーだったと思うことに。。。

IMGP1776.jpg

IMGP1783.jpg

『霧の街、サンフランシスコ』というだけあって、やはり街全体が深い霧で覆われておりました。

IMGP1791 (1)

20時半近くにようやくホテルにチェックイン。 連日の運転お疲れ様ですm(。。)m
ゆっくりとしたいところですが、そのまま夕食へ。 ちょっと肌寒い。
決めていたお店へ徒歩で向かったのですが、予想以上にハードでした。
なんせ、サンフランシスコは坂が多い街でも有名なのです。

IMGP1803 (1)

まだ坂の途中ですが、振り返るととてもキレイでした。

IMGP1805_20140820094523824.jpg

私はぜぃぜぃ言いながら、、、、頑張って上る。

IMGP1807.jpg

上り切ると今度は下り。
でも、ここからの霧がかった街の明かりが素敵でした。

IMGP1812_20140820094936155.jpg

海が目の前の通りは観光客が多く、お店も多く、とても賑わっておりました。
寒いということもあり、セーターやパーカーも売っていたり、一枚多めに着込んで歩いている人も多かったです。

IMGP1822.jpg

IMGP1817.jpg

最終日の夕食は、シーフードで。
夫も地元のビールやワインを皆と楽しんでおりました。

IMGP1819 (1)

帰りはタクシーで。
私と夫にとってもアメリカ初タクシー。
23時半近くになりましたが、無事にホテルへと戻りました。

明日は最終日!

旅5日目!~デスバレーからのヨセミテ~

皆、睡眠不足と疲れが溜まっている頃でしょうが、この日も5時頃には起床。
そして6時出発。 
今日も長距離大移動です。目標は暗くなる前の到着!

IMGP1272.jpg

朝のラスベガスともお別れをし、前へ前へ。

IMGP1274.jpg

IMGP1283.jpg

給油に寄ったところに、

IMGP1288.jpg

エイリアンセンターがあり入ってみることに。
UFO目撃情報の多いエリア51近くなのかしら。

IMGP1290.jpg

IMGP1298.jpg

宇宙人と一緒に写真も撮れますぞぃ。

IMGP1294 (2)

7時40分でしたが、奥にあるカフェも開いていたのでそちらで朝食をいただきました。
アメリカンな雰囲気。

DSC05730.jpg

朝食をいただいた後は、デスバレーに向けて出発です。
どうせヨセミテを目指すなら、デスバレーの中を通過したいというfatherからのリクエストをもとに夫が計画を立てました。

IMGP1305.jpg

9時を少し回ったところで、デスバレー国立公園の入り口に到着。
私達も5月にデスバレーに来ましたが、まさかアメリカに滞在中に2回も来られるとは思っていなかったのでまた来ることが出来て嬉しかったです。(⇒前回のデスバレーの旅

IMGP1311 (1)

IMGP1315.jpg

ザブリスキーポイント↓

IMGP1322.jpg

バッドウォーター↓

IMGP1349.jpg

悪魔のゴルフコース↓

IMGP1362.jpg

園内のストアでサンドウィッチと飲み物を買い少し休憩。
12時の気温は109度。 摂氏42度超え。これからもっと暑くなりそうです。

IMGP1399 (1)

園内は広い。次のポイントへ移動です。

IMGP1406.jpg

砂丘↓

IMGP1411 (1)

IMGP1423.jpg

長い長いくねくね道を通り、

IMGP1434 (1)

坂を上ったり、下ったりしながら、1時50分ごろに園外へと出ました。
グッバイ、デスバレー。

IMGP1444.jpg

Lone Pine方面へ。

IMGP1459.jpg

シェラネバダ山脈の方へ向かって走ります。

IMGP1473.jpg

14時40分。マンザナー国定史跡へ到着。
日系人の強制収容所跡地です。

IMGP1484.jpg

IMGP1488.jpg

15時過ぎ、ヨセミテに向けて再出発。

IMGP1493.jpg

IMGP1498.jpg

木が多くなってきました。 わくわく。

IMGP1502.jpg

IMGP1512.jpg

17時半過ぎ、ヨセミテ国立公園(Yosemite National Park)に到着しました。

IMGP1514.jpg

外は57度。 摂氏14度以下。 低いっ!
同じ日にデスバレーの42度とヨセミテの14度を体験するとは、なかなかの経験(^。^)

IMGP1513.jpg

ゲートを通過し園内へ。
ひと安心したいところですが、本日宿泊するロッジまではまだまだ遠い。
まだ明るいので今のうちにGo Go!

IMGP1516.jpg

園内を走る走る。

IMGP1528.jpg

暗くなってきたので焦りましたが、20時ちょうどにロッジに到着いたしました。 ほっ。

IMGP1535.jpg

ロッジ隣のレストランはとても混雑しておりました。
魅力的なヨセミテには世界中から人がやってくるようです。

順番を待ってお夕飯を食べ始めたのは22時近くになりましたが、無事にヨセミテに辿り着き安心しました。
ほっ。

DSC05776.jpg

地図に走った行程をマークする夫とyounger sister。
私の好きな写真の一つです。

DSC05773 (1)

ロングドライブは本当に大変だったと思います。運転お疲れさまでした。
m(。。)m
今夜は5人同じ部屋でお泊りです。

旅3日目!~グランドキャニオンへ~

朝5時半起床。
夫とfatherがおにぎり作り。 感謝感謝。

6時50分、到着まで8時間との予想を立てグランドキャニオンへ向けて出発です!

IMGP0755.jpg

1回目に立ち寄ったガソリンスタンドで休憩がてら朝ご飯のおにぎりを。
塩加減バッチリでめちゃくちゃ美味しかったなぁ~。

そしてここからは夫のfatherが運転をすることに。
国際免許を取って来てくれました。
記念すべきアメリカ初運転。 

IMGP0771.jpg

IMGP0770.jpg

Needlesで休憩。
アメリカではガソリンスタンドにコンビニエンスストアのようなfood marketが付いている所が多く、そちらでトイレ休憩なども出来ます。

IMGP0792.jpg

外の気温は105度。 摂氏40度を超えています。

IMGP0791 (1)

目の前の通りは旧国道66号線。 ルート66。
イリノイ州シカゴとカリフォルニア州サンタモニカを結ぶアメリカ大陸を横断する歴史ある道路。
前日のブログ内にあるサンタモニカの写真はこの道路の終点です。

高速道路が発展したおかげで廃線になりましたが、旧国道66号線(Historic Route 66)として、国指定景観街道に指定されているそうです。
未だに愛され、ルート66の旅をする人も多いのだとか。

IMGP0795.jpg

再びフリーウェイに戻り、走る。
11時20分、カリフォルニア州からアリゾナ州(Arizona)へ入りました。

IMGP0799_20140818064021293.jpg

フリーウェイはほとんどが無料なので乗り降り自由。
出口付近に食べもの屋さんなどがある場合も多く、↓このような看板も出ております。

IMGP0817 (1)

12時をまわり、私達はアメリカのハンバーガーの西の横綱、『IN-N-OUT BURGER』へ。
これも全て計画通り。 順調に進んでおります。

DSC05630.jpg

とても美味しく、ハンバーガーのお肉は要らないかなと言っていたfatherも「美味しかった!」と言ってくださいました。

DSC05638.jpg

夫が運転を代わり、走る走る。
景色がキレ~イ。 カリフォルニアの乾いた景色とはまた違い、緑豊か。
この日は雲も多く、時折雨も降っておりました。そしてピカリと光る雷も。

IMGP0822.jpg

ガソリンが半分ほど減っていたので近くの街で下りてみることに。
こちらもルート66沿い。

IMGP0839.jpg

IMGP0828.jpg

↓こちらのお店はおもしろいものが沢山置いてあり、見ているのが楽しかったです。
少しの間、青い空にも出会えました。

IMGP0825.jpg

IMGP0845.jpg

IMGP0848.jpg

天気がイマイチなので時折薄暗い。なんとか綺麗な夕日が見たいところです。

IMGP0851.jpg

16時、今夜の宿泊地へと到着しました。
休憩を入れて約9時間のロングドライブ。 お疲れさまですm(。。)m

IMGP0861.jpg

ゆっくりとしたいところですが、まだまだこれから。
荷物をおろし、17時に集合。
夕日を見るためにグランドキャニオンへ向けて出発です。

ホテルからは15分ほどでグランドキャニオン国立公園 (Grand Canyon National Park)へ到着。

IMGP0878.jpg

綺麗な夕焼け空とはいきませんでしたが、雨も止んでよかったです。
ビックリするほどの景色を見ることができました。
色々と写真を載せたいところですが、今月末には私のmother達もこちらにやって来るのでその時までとっておこうかと思います。

IMGP0922.jpg

IMGP0959_20140818074857a22.jpg

皆が休んだのは23時位。
長い長い一日でしたが、まだまだ旅はつづきます。

Indian Canyons

パームスプリングス美術館を堪能した後、少し歩いてみることに。
フレッシュジュースが飲みたい気分。。。。暑い。熱い。
代謝が悪くて汗がなかなか出づらい私ですら、汗だくに。さすが40度。

IMGP9673.jpg

カフェやレストランからは、「ミスト」のシャワーが。

IMGP9675 (1)

ここも、

IMGP9676.jpg

ここでも。
アメリカ人は外で食べることが大好きですが、さすがにこの時間はほとんど見かけない。。。

IMGP9682.jpg

この時期にわざわざ暑い所に行く人は少ないかなぁとも思いましたが、結構車は見かけました。
でも、冬に来る方がよさそうですね。。。

IMGP9677 (1)

でも、夜は賑やかなのかなぁ。
空の色が眩しい場所ではオレンジ色がとても映える。

IMGP9678.jpg

そういえば、工事のおじちゃん達も皆オレンジ色のベストを着ている。
眩しくてもよく見える色だなぁ。。。

IMGP9679.jpg

パームスプリングスの街は、ゲイなどの皆さんにもとても優しい街のようです。
ビジターセンターにもゲイの方々向けのパンフレットが沢山置いてありました。
また、専用の無料情報誌もありました。

右端にあるカラフルな『レインボーフラッグ』は、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー (LGBT) の尊厳と LGBTの社会運動を象徴する旗で、カリフォルニアが発祥のようです。
今は世界中で使われているそうです。

ロサンゼルスでも見かけますが、このパームスプリングスの街ではいたる所でこのレインボーカラーを目にしました。 

IMGP9683 (1)

ヤシの木のフサフサが綺麗に切り揃えられているのも特徴的。

IMGP9681.jpg

IMGP9684.jpg

お店を探すパワーも灼熱の太陽から奪われていく。。。
あきらめて次の目的地へ移動することに。

IMGP9689.jpg

IMGP9692.jpg

Indian Canyons(インディアンキャニオン)に到着。
今は15時10分。 ゲートの係りの人に、「17時には車ごと完全に帰ってもらうことになるけど大丈夫?」と聞かれました。

IMGP9695.jpg

7月4日の独立記念日を境に、夏期は暑過ぎるので週末だけしか開いていないようです。

IMGP9697.jpg

車一台も走っている様子はなく、ジリジリ~と。。耐える。 
まさか、誰も居ない???
少し不安になりながらも、ゲートでもらったMAPを見ながらショップがありそうな場所へ行ってみることに。
すると、車が3台ほどあり『ほっ。』っとする私達。

IMGP9698.jpg

みんなと言っても、3組だけですがショップの前でアイスを食べたりジュースを飲んだりしていました。
私達もコーラを1本買って、ゴクゴクといただきました。

本当はインディアンキャニオン内の幾つかのトレイルをするつもりだったのですが、これはバテる、、時間も迫っているし、、ということでPalm Canyon Trail だけ歩いてみることに。

IMGP9702 (1)

眼下にはヤシの木が沢山見えます。 フッサフサ。
これは砂漠の中のオアシスだ~。

IMGP9703.jpg

IMGP9704.jpg

下りて、トレイル内を歩く。
この砂漠地帯の中で水があるということは、雨が降ったら鉄砲水に気をつけなければならないということ。
デスバレーやその他の国立公園でもそうですが、『Flash Flood Warning』=鉄砲水に気をつけろ!ということなので、天候の変化にはお気を付けを。

ヤシの木のフサフサのお陰で、日陰の所は少し涼しい。
でも、日なたの方が多い。。。

IMGP9705.jpg

このインディアンキャニオンは、かつてカウエアという部族のインディアンが住んでいたそうです。

IMGP9706 (1)

↓スカートを穿いているかのよう。

  IMGP9713.jpg

バッサリ切り揃えられお手入れされている。

  IMGP9716.jpg

でも↓こちらは長老みたい。

  IMGP9720.jpg

足元には穴が沢山。

IMGP9731.jpg

赤茶色っぽい色のアリの巣でした。

IMGP9730.jpg

愛嬌のあるカタチをしたカラッカラに乾燥した豆も発見。

IMGP9732.jpg

水場も発見。
ブ~ンブ~ンと蜂のようなナニカが沢山飛んでおりました。
少ししか進んでいないような気がしますが、17時までに園外に出なくてはならない為、引き返すことに。

IMGP9738.jpg

IMGP9741.jpg

↓ヤシの脱皮・・・のようなものですね。

IMGP9742.jpg

IMGP9744.jpg

↓こうして見ると、フサフサと面白い姿。
なんだか、「うんばば んばんば うんばっば」と思わず口ずさんでしまう。
砂漠地帯なのですが、南国少年気分。。。 

IMGP9748.jpg

↓木の断面もおもしろいのです。

IMGP9749.jpg

ヘトヘトになりながらもなんとか上ってきました。汗でびしょびしょだ~。
この↓緑のフサフサの中を歩いておりました。
岩、砂山に囲まれた乾いた大地の中のオアシスだ!

IMGP9756.jpg

IMGP9754.jpg

でも、岩山にだって植物が生えているのです!

IMGP9758.jpg

ポコ、ポコッと、

IMGP9757.jpg

サボテンさん(^^)。 サボテンって生命力が凄いなぁ。

IMGP9759.jpg

16時半。 あそこで引き返して来て良かった。
帰るのにはちょうど良い時間でした。

IMGP9760.jpg

狭い岩の間を車で通過し、

IMGP9761.jpg

ゲートへ向けてもと来た道を進みます。

IMGP9765.jpg

汗だくになりバテた私達は、Jack in the boxというバーガー屋さんでスムージーを飲んで休憩。

IMGP9772.jpg

そしてパームスプリングスの街をあとにしました。

猛烈な暑さでしたが、気温は日々上昇中。
もっと体力をつけなければ。

素敵な美術館と沢山のフサフサに出会えた楽しい時間でした。

旅のまとめ

214年6月14日(土)~6月15日(日)旅のまとめ

IMGP8952 (1)

~セコイア国立公園~

Sequoia National Park ~出発~
Sequoia National Park ~森のくまさん~
Sequoia National Park ~山火事~
Sequoia National Park ~巨樹に会う①~
Sequoia National Park ~巨樹に会う②~
Sequoia National Park ~巨樹に会う③~
Sequoia National Park ~絶景を味わう~
Sequoia National Park ~1日目終了~
Sequoia National Park ~セコイアからKCへ~





IMGP9208.jpg

~キングスキャニオン国立公園~

Kings Canyon National Park ~Let's take a break!~
Kings Canyon National Park ~巨樹に会う①~
Kings Canyon National Park ~巨樹に会う②~
Kings Canyon National Park ~絶景を味わう~
Kings Canyon National Park ~断念~
Kings Canyon National Park ~帰り~

Kings Canyon National Park ~帰り~

Kings Canyon National Park ~断念~ のつづき・・・。

13時45分、Kings Canyon Lodge を出発!
帰るぞ~ぃ。 上るぞ~ぃ。 がんばって走る走る。。。

IMGP9267.jpg

自転車の人を発見! 炎天下の中、山道は大変ですが凄いなぁ。

IMGP9268.jpg

IMGP9270.jpg

16時15分、キングスキャニオンのゲートを通過。
30分しかかかっていない。帰りって早い。。。まぁ、そういうものですよね(^^;

IMGP9272.jpg

しかしまだまだ山道が続くのです。

IMGP9276.jpg

下ったり、上ったりを繰り返していると、

IMGP9277_20140623144013857.jpg

今はどっちなのかが分からなくなる時も。。。

IMGP9279.jpg

夫はギアを何度も変えて本当に大変そう。
私は酔わないように自分と戦う。

IMGP9280.jpg

180号から245号へと経由したのですが、これが本当に大変。
夫に言わせれば「大失敗。」

IMGP9286.jpg

細いうねうねくねくね道。
シーダーグローブに向かって下りて行った山道よりも過酷。
他の方にはあまりおススメはしない。。。
と、マイナスな言葉ばかりになりそうですが、すれ違う車はほぼない。向かう車もない。。。
やっとのことで会えたのが牛さん達。

無言のにらみを頂きました。 なんだかごめんよ~。

IMGP9290.jpg

IMGP9291.jpg

IMGP9293.jpg

退避スペースで地図を見直すが中々目印が見つからない。
この山道から抜け出せるのか、二人とも心配に。。。

IMGP9294.jpg

先程までの山道とはまた違う雰囲気。

IMGP9296.jpg

大自然しか見えませんが、

IMGP9297.jpg

↓壮大な景色を見ることが出来ました。

IMGP9298.jpg

IMGP9301.jpg

17時半、このまま245号の山道を走り続けたら車がもたないかもしれない。。。
地図を見ながら横道にそれることに決断。

IMGP9303.jpg

この道も細くて大変。

IMGP9304.jpg

IMGP9306.jpg

10分ほどくねくね道を走ると、突然、グリーンの絨毯が現る。 ワ~オ!

IMGP9307.jpg

地図に載っている道(?)を走っていたのですが、アメリカの巨大な農場の中に迷い込んでいたような気分。

IMGP9318.jpg

いつ終わるのか分からない、長い山道の運転で疲れ果てていた夫も、このグリーンの絨毯を見て笑顔が戻る。
きっと、もうすぐ山道から抜け出せる!はず!!

IMGP9317.jpg

更に走ると・・・

おおおお~! 出た出た!! 真っ直ぐな道だ~! 平らな道だ~!!

IMGP9326.jpg

やったぞ~!

IMGP9329.jpg

完全に笑顔と元気が戻る夫。
J140 の平らな道を走る走る。

IMGP9332.jpg

IMGP9338.jpg

18時、Orosi の街が見えてきました。

IMGP9339.jpg

IMGP9342.jpg

山よ~、さようなら~。 またね~。

IMGP9343.jpg

その後、Dinubaの街でハンバーガーを食べて休憩をし、99号へ。
ひたすら南下し、5号 Los Angeles方面へ。
その後210号へ乗り換えて・・・ 23時、パサデナのアパートに到着しました!!!

いやぁ~、長かった。
山道のロングドライブ、本当にお疲れ様でしたm(。。)m
「しばらく山道はいい」と夫は言っておりましたが、旅行から一週間が経ち、「来週はどこかに行こうかな」と今は言っております。


砂漠も良いですが、やはり森も良いですね♪
素晴らしいものを見て、感じることができました。

また、今回、夫と交代で記念写真を撮っていると、「お撮りしましょうか?」と度々声を掛けていただきました。
撮ったり、撮っていただいたり。
とても感謝しております。
そういう英語も、必要だなぁと実感。
勉強します!

くねくね、うねうね道が多い旅でしたが、最高でした!!!


おわり。

Kings Canyon National Park ~断念~

Kings Canyon National Park ~絶景を味わう~ のつづき・・・。

冬季は閉鎖されている180号(キングスキャニオンハイウェイ)をひたすら東方面へ。

  IMGP9246.jpg

次に向かうは最後の目的地、Cedar Grove(シーダーグローブ)。

IMGP9251_20140623110900138.jpg

山道をひたすら走る。。。

IMGP9254_20140623110901746.jpg

ずーーーっと下に見えるのも「道」。 まだまだかぁ。。。

IMGP9256 (1)

運転をしている夫の方を見ると、山側の岩壁でナニカが動く。

IMGP9260.jpg

オっと。 落ちるのかとヒヤッとしましたが、

IMGP9261.jpg

今度は岸壁にと大ジャンプ。
野生の動物は、私が思っているよりずっとパワーがある。 バイバ~イ。

IMGP9262.jpg

「この車でこの山道は大丈夫かな・・・」と心配しながら。 走る走る。
これといって目印が見当たらない為、地図を見ても現在地が分かりづらい。
不安だけがつのる。。。

IMGP9264.jpg

Panoramic Pointを出て、1時間ほど山道を走ったところでようやく建物を発見。
Kings Canyon Lodge(キングスキャニオンロッジ)。
シーダーグローブまでどれくらいかかるか店員のおじちゃんに聞いてみると、あと往復で1時間くらいかかるという。
近いような遠いような。。。?? 

IMGP9266.jpg

シーダーグローブでトレイルをする予定でしたが、今日は家に帰るということと、なんといってもこの「くねくねうねうね」とした山道を今度は上って行かなければならない・・・。
この年季の入ったUSEDカーのことを考えると、「やめよう」ということで引き返して帰ることにしました。

Restroom(アメリカではトイレと言うよりレストルームと言う言葉が一般的に使用されている)をお借りしようと聞いたら、「買い物客以外はダメ」と言われ、特大のポテトチップスを買いお借りすることに。。。 Thanks.


どんな景色が広がっているのか気になりますが、これも思い出に。
やはり自然を相手に無理はしてはいけないのです。

よし、帰ろう!


Kings Canyon National Park ~帰り~ につづく・・・。

Kings Canyon National Park ~絶景を味わう~

Kings Canyon National Park ~巨樹に会う②~ のつづき・・・。

旅も終盤。
13時50分、Grant Tree Trailを出発し、次の目的地へ車を走らせます。

  IMGP9165.jpg

狭い坂道に道が合っているのか不安になるも、進む。上る。
くねくねしていて少し酔いそうに。。。

  IMGP9166.jpg

モフモフいっぱい。

IMGP9168.jpg

結構長く走ったようにも思えましたが、15分弱で到着。

IMGP9169.jpg

Panoramic Point (パノラミックポイント)

IMGP9170.jpg

車を止め、歩きます。

  IMGP9172.jpg

若い木も生長中。

  IMGP9173.jpg

そしてモフモフ。

  IMGP9174.jpg

今回の旅で何度も出会ったコリスたち。
↓この中に2匹います。保護色ですね。

IMGP9179.jpg

IMGP9179 (1)

楽しそうに追いかけっこをしておりました。

IMGP9183.jpg

そして別なところでも・・・発見。

IMGP9191.jpg

ん?シマシマ模様がない。これもリス??

IMGP9191 (1)

物凄い保護色。って、カメラが動きについていっていな~い!

IMGP9197.jpg

おもしろい動きで見ているこちらの心が和む。 ありがとう!

IMGP9202.jpg

目線を上げると青い空。
少し息が弾む。。この上り坂の先には・・・

IMGP9205.jpg

IMGP9206.jpg

シェラネバダーーーー!

IMGP9208.jpg

IMGP9211.jpg

湖も見えます。 なんだか素敵。

IMGP9219.jpg

国立公園内は子供連れや年配夫婦二人旅など様々な人と出会う。
男の子二人の元気な話し声と泣き声が聞こえてきました。

IMGP9216.jpg

IMGP9231.jpg

ポスターのような写真。 お父さん、かっこいいぞぃ。

IMGP9226.jpg

IMGP9235.jpg

そして駐車場に向けて、下りていく。。。

IMGP9236.jpg

IMGP9237.jpg

IMGP9238.jpg

IMGP9239.jpg

モロロックは怖かったのですが、こちらは怖くない。
美しい景色を見ることが出来ました。気持ち良かったなぁ~。


Kings Canyon National Park ~断念~ につづく・・・。

Kings Canyon National Park ~巨樹に会う②~

Kings Canyon National Park ~巨樹に会う①~ のつづき・・・。

↓世界で3番目に大きな木!
「General Grant (グラント将軍)」と名付けられた巨樹!!!

  IMGP9113.jpg

高さ81.7メートル!根元の周囲は32.8メートル!樹齢は1800~3000年!!
大き過ぎて写真に写せない。 なかなかいい写真がないなぁ。

そして↓こちらはグラント将軍の木の後ろ側。
火事の跡もしっかりと残っている。
それでも、長い年月ずっしりと立っているこの木は凄いぞ!

  IMGP9102.jpg

↓これらは「松かさ」。松ぼっくりとも言いますね。
右側の巨大な松かさはシュガーパインのもの。
ジャイアントセコイアの松かさは左から二番目。そんなに大きくない。

IMGP9103.jpg

IMGP9120.jpg

IMGP9123.jpg

少し歩くと小屋を発見。

IMGP9122.jpg

IMGP9124 (1)

一本一本の角材が・・・太っ!

IMGP9126 (1)

シュガーパインの木と屋根の一部がセコイアの木で作られているそう。

IMGP9129.jpg

国立公園として保護される以前に建てられたこの小屋は様々な使い方をされてきたようです。

IMGP9130.jpg

歴史の詰まった建物です。

IMGP9140.jpg

セコイア国立公園もキングスキャニオン国立公園も冬には雪が降るので、クロスカントリースキーも楽しめるそうです。
冬場に訪れるのも良さそう。

IMGP9131 (1)

IMGP9132 (1)

これらも雪が積もる中で見ると、違う雰囲気に見えるでしょう。

  IMGP9135.jpg

  IMGP9137.jpg

グリーンのモフモフがいっぱい。

  IMGP9142.jpg

  IMGP9143.jpg

おもしろいなぁ~。


Kings Canyon National Park ~絶景を味わう~ につづく・・・。

Kings Canyon National Park ~巨樹に会う①~

Kings Canyon National Park ~Let's take a break!~ のつづき・・・。

休憩をし、グィ~ンと走ります。

  IMGP9053.jpg

Grant Tree Trail に到着。

IMGP9055 (1)

IMGP9060.jpg

ジャイアントセコイアの根元はおもしろい。

IMGP9065.jpg

隣には巨大な倒木を発見。

IMGP9066.jpg

中が通れるようになっておりました。

IMGP9067.jpg

内部は黒い。 焼けた跡かなぁ。。。

IMGP9070.jpg

2メートル近くある木の内部。 かがまなくても歩けてしまう。

IMGP9072.jpg

途中、低い場所もありますが、ジャイアントセコイアの大きさを肌で感じることが出来ます。

IMGP9075.jpg

IMGP9076.jpg

倒れてから数百年が経っているそうですが、豊富なタンニンのお陰でなかなか朽ち果てない。
昔はインディアンが居住したり、開拓者たちもこの木とともに生きてきたそうです。

DSC04314.jpg

こちらが反対側の根元部分。 

IMGP9080.jpg

根元部分は少し窮屈。 これが自然の形状ですね。

IMGP9081.jpg

もう一度戻ってみることに。
木の内部を歩くなんて、そうは出来ない経験。
良い経験となりました。

IMGP9082.jpg

てくてく歩くと、ど~んとまた大きな木が。

  IMGP9084.jpg

そして謎の穴があるジャイアントセコイアの姿も。

  IMGP9085.jpg

枝が折れたのかなぁ。。。

  IMGP9086 (1)

色々と歩いて見て回る。

  IMGP9091.jpg

IMGP9089.jpg

歩いているうちに段々と人も少なくなっていく。。。

IMGP9094.jpg

実は私達、少しでも熊避け対策になるならばということで、出発前日に「鈴」を探すが見つからず。
インテリア用の15ドルの鈴が5ドルに割引になっていたので、↓こちらを1つずつ分解して紐を取り付けリュックに付けておきました。

DSC04156.jpg

・・・ただ、実際セコイアもキングスキャニオンもリュック姿の人はあまりおらず、皆さん軽装。
そしてリンリン♪とうるさいので、人が多い所では音が鳴らないようにしておきました。

しかし、こちらを歩いている時に夫から、「いよいよ鈴の出番が来たよ」と。
確かにちょっと静か過ぎて怖い(^^;
よし、歌おう!と思って歌い出すと、「森のくまさん」ばかり歌ってしまう(^^; 何故だ。。。

IMGP9097.jpg

IMGP9097 (2)

とにかく、リンリンと音を鳴らしながら、そして声を出しながら歩くことに。
木の上の方から「パキッ」と何かが折れて落ちた音が聞こえ、ゾッとしましたが。。。すぐに人がいるところにたどり着きました。
トレイルの道をそれなくても、場所によっては人がほとんど居ないこともあるので、お気を付けを~。


Kings Canyon National Park ~巨樹に会う②~ につづく・・・。

Kings Canyon National Park ~Let's take a break!~

Sequoia National Park ~セコイアからKCへ~ のつづき・・・。

キングスキャニオン国立公園に到着し、まずはビジターセンターへ。

IMGP9036.jpg

↓こちら紙幣や硬貨が入っている箱は、ドネーションボックス。
作品のようですが、寄付金用の箱です。

IMGP9039.jpg

セコイア国立公園にもありましたし街中どこでも見かけますが、こちらのはアメリカの州ごと、そしてアジアやアフリカ、東西ヨーロッパなどで仕切りがされており、どの地域がどれだけ入っているかが分かるようになっておりました。

DSC04295.jpg

DSC04295 (1)

学びのゾーン。

IMGP9040.jpg

アメリカに来て鋳造も行っている夫は、

IMGP9042.jpg

↓こららのブロンズの色に興味津々のようでした。

IMGP9042 (1)

ムービーも見られます。

IMGP9043.jpg

木の断面からは、785年の間で、60回の火事に遭遇してきたことが分かります。

IMGP9045.jpg

およそ13年に一度。 これを60回も! 。。。。凄い。

IMGP9046.jpg

↓こちらは熊から食料を守る入れ物だそう。

IMGP9047.jpg

大きな保管庫が設置されていない場所、キャンプの際にはこちらが活躍します。
マイナスドライバーやコインなどで開けるようになっています。

IMGP9048.jpg

知らないことがまだまだ沢山。
なかなかじっくりと見られませんが、ビジターセンターはいつも勉強になります。

外に出ると、人も増え賑やかに。

IMGP9050.jpg

12時を迎え、こちらでお昼休憩をすることに。

IMGP9051.jpg

今朝、Three Riversのカフェで買ったオニオンとブルーベリーのベーグル(クリームチーズ入り)と、

DSC04300.jpg

「ボロボロこぼれそうだから食べてしまおう!」という事でマフィンも頂きました。
すごーく甘かった。。。 でもベーグルは美味しかったぁ。

DSC04301.jpg

遠出すると、栄養が偏ってしまいますが・・・。
これも旅の一部ですね。。。

ずっしりと。。。お腹いっぱい。
動かねば。


Kings Canyon National Park ~巨樹に会う①~ につづく・・・。

Sequoia National Park ~セコイアからKCへ~

Sequoia National Park ~1日目終了~ のつづき・・・。

6月15日(日)6時起床。
快晴です。

IMGP8920.jpg

こちらのモーテルはプール付き。ラスベガスでも安いのにプールが付いているモーテルでしたし、プール付きの建物はとても多い。
私達の隣のアパートもプール付き。アメリカ西部ではあまり特別な事ではないのかもしれません。
入ったことはありませんが。

宿泊料金は安いのに、なかなか立派でした。

IMGP8921.jpg

ツーリングの方々も気軽に泊まれるのがアメリカのモーテルの良さ。

IMGP8924.jpg

朝7時、出発だぁ~い。
とても気持ちの良い天気! 暑くなりそうです。

IMGP8929.jpg

IMGP8932.jpg

昨日の行き、帰り、そして本日の合わせて3回目のこの道。
まだ車は少ない。

IMGP8933.jpg

左手には湖が。 

IMGP8934.jpg

きれいだなぁ~。

IMGP8935.jpg

IMGP8937.jpg

↓こちらは、樹齢2000年のジャイアントセコイアを彫って作ったもの。

IMGP8938.jpg

8時半、昨日の行きに寄ったセコイアの手前の街、Three Riversで再びガソリンを満タンに。
手前にあったサブウェイがまだ開いていなかったので、ガソリンスタンドの隣のカフェに入ることに。

IMGP8949.jpg

朝は早くから開いているようで、セコイアに向かう観光客だけでなく地元のおじちゃん達もコーヒーを飲みに来ておりました。

IMGP8941.jpg

店内にはセコイアの素敵なモノクロ写真も。

IMGP8942 (1)

地元のおばちゃんがハンドメイドで作ったエプロンがお値段も手頃で可愛かったので迷った挙句に買ってしまった。。。
まぁ、自分のアメリカでの思い出に。。。と。
でもちょっとフリフリ。。。まぁ、いっか。

DSC04394.jpg

熊さん対策の為、今回は非常食以外の食料は昨日食べたおにぎり以外は持ってきていないので、お昼も一緒に調達することに。
ベーグルと、マフィン、そして朝食用に↓こちらのキッシュを二人で半分していただきました。
素朴な味で美味しかったぁ。

DSC04274.jpg

再び走り、8時45分、セコイア国立公園に到着。

IMGP8952 (1)

IMGP8954.jpg

公園に入ってすぐのこの岩は皆さん足を止めるようです。
大きいな~。

IMGP8967.jpg

気持ちの良い青空!

IMGP8968.jpg

森の中は少し涼しい。

IMGP8969.jpg

前日にも寄った、Giant Forest Museum に再度立ち寄る。

IMGP8973.jpg

↓観光バスですらとても小さく見えます。

IMGP8975.jpg

ドドーンと大きな3本のジャイアントセコイアも目を引く存在。

IMGP8978.jpg

近くから見ると更に迫力満点。

IMGP8970.jpg

10時20分。
今日はここから更に隣にある Kings Canyon National Park(キングスキャニオン国立公園)へと向かいます。

IMGP8981.jpg

IMGP8986.jpg

IMGP8993.jpg

こんな森もあったのか~。

IMGP8997.jpg

背の高い、すら~っとした木々に囲まれながら走っていきます。

  IMGP9004.jpg

  IMGP9008.jpg

IMGP9018.jpg

IMGP9019.jpg

真っ直ぐな道もあれば、

IMGP9024.jpg

先の見えないカーブ。
・・・そういえば、アメリカでカーブミラーって見た事がない。。。どこかにはあるのかなぁ。。

IMGP9027.jpg

IMGP9030.jpg

途中、ビューポイントがあったので下りてみました。
↓こちらの車はこれからセコイア入り。私達は逆方面に。
いってらっしゃ~い。

IMGP9033.jpg

右側、Kings Canyon 方面へ。

IMGP9034.jpg

11時45分、キングスキャニオン国立公園のビジターセンターに到着致しました。
山道運転お疲れ様ですm(。。)m
しかし・・・まだまだ続くのです・・・。


Kings Canyon National Park ~Let's take a break!~ につづく・・・。

Sequoia National Park ~1日目終了~

Sequoia National Park ~絶景を味わう~ のつづき・・・。

モロロックでシカとカラスに会った後、

IMGP8853.jpg

見えて来たのは↓こちらの倒木。

IMGP8854.jpg

この木が起き上ったら私はぺしゃんこだ~。

IMGP8858.jpg

お次は「Auto Log(オートログ)」へ。
こちらも長いのです。

IMGP8878 (1)

歩けるようになっており、

IMGP8865.jpg

↓こちらが端っこ。

IMGP8869.jpg

時間は18時半を周ったので、今夜の宿泊地に向けて出発することに。
離れた宿泊地なので、明るいうちに。

IMGP8880.jpg

IMGP8883.jpg

↓「気になる岩」の正体も分かりましたし。。。

IMGP8882.jpg

ぐぐぐーっとアップにしてみると、確かに人の姿が。。。
ここに手すりを作ったりと工事の人は怖くなかったのか!?命懸けですよね。
あの硬い岩に、ダダダダダと穴を掘っていくのは相当怖そうですが。。。
でも、そのお陰で360度の大パノラマが見られる!m(_ _)m

IMGP8888 (1)

帰りもカーブに気を付けながら。

IMGP8891.jpg

IMGP8892.jpg

50分ほど走ると遠くの空がオレンジ色に。

IMGP8893.jpg

通り道にある湖はキャンプを楽しむ人で賑わっておりました。

IMGP8897.jpg

IMGP8899.jpg

西に向かって走る。

IMGP8902.jpg

シルエットがステキ。

IMGP8904 (1)

夕日が大きく見えます。 眩しい~。

IMGP8910 (1)

IMGP8913.jpg

IMGP8916.jpg

20時半近く、ようやく今夜の宿泊地 Visalia の街へ到着。

IMGP8917.jpg

こちらのモーテル、混んでおりました。
隣のクラブのような所からは賑やかなメキシコ音楽が。。
ティラティラティラティラ~

夕飯を買いに、歩いてみましたがもう21時で暗くなってきたのですぐ見つかった中華屋さんで to go(持ち帰り)することに。
持ち帰りって「take out (テイクアウト)」の方が日本では馴染みがありますが、アメリカでは「to go 」の言い方の方がよく使われています。

DSC04246.jpg

パンパンに入れてくれた焼きそばと、

DSC04249.jpg

パンパンに入れてくれたチャーハン。

DSC04250.jpg

初めは美味しかったですが、こってりにヤラレました。。。
ご馳走様でしたm(。。)m

ちょうどワールドカップのこの日の結果をスポーツ番組で見ることが出来、、、

DSC04262.jpg

元サッカー部の夫は、ガッカリと。。。
「コートジボアール」って、『IVORY COAST』と英語訳されるのだと初めて知りました。

DSC04264.jpg

がんばれJAPAN。


長い一日目が終了。

明日も巨樹に会いに行きます。


Sequoia National Park ~セコイアからKCへ~ つづく・・・。